Cast

  • 成海璃子
  • 池松壮亮
  • 斎藤工
  • 遠藤新菜
  • 松本若菜
  • 酒井波湖
  • 仁村紗和
  • 斉藤とも子
  • 藤田朋子
  • 光石研
成海璃子/野間響子
1992年生まれ、神奈川県出身。2000年、「TRICK」(NTV)でドラマデビュー。05年の「瑠璃の島」(NTV)で初主演を飾り、その後も「1リットルの涙」(05/CX)など数々の人気ドラマに出演。映画では、初主演となった『神童』(07/萩生田宏治監督)では第62回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞するなど高い評価を受け、以降、『あしたの私のつくり方』(07/市川準監督)、『武士道シックスティーン』(10/古厩智之監督)、『少女たちの羅針盤』(11/長崎俊一監督)など次々と名匠たちの映画で主演を飾る。そのほかの映画出演作に『罪とか罰とか』(09/ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督)、『山形スクリーム』(09/竹中直人監督)、『地獄でなぜ悪い』(13/園子温監督)、『ニシノユキヒコの恋と冒険』(14/井口奈己監督)、『極道大戦争』(15/三池崇史監督)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15/瀬々敬久監督)など多数。「平清盛」(12/NHK)、「小暮写真館」(13/NHK-BS)などドラマでも活躍。
池松壮亮/堂本渉
1990年生まれ、福岡県出身。トム・クルーズ主演のハリウッド映画『ラスト サムライ』(03/エドワード・ズウィック監督)で映画初出演し、『鉄人28号』(05/富樫森監督)で主人公・金田正太郎を演じ初主演作となる。14年の『ぼくたちの家族』(石井裕也監督)、『紙の月』(吉田大八監督)での演技が共に高く評価され、第88回キネマ旬報ベストテン助演男優賞、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など7冠に輝いた。出演作にはそのほか『愛の渦』(14/三浦大輔監督)、『海を感じる時』(14/安藤尋監督)、『シェル・コレクター』(16/坪田義史監督)などがあり、公開待機作に、7月『セトウツミ』(大森立嗣監督)、秋『デスノート2016』(佐藤信介監督)がある。
斎藤工/関祐之介
1981年生まれ、東京都出身。モデルを経て、『時の香り~リメンバー・ミー~』(01/山川直人監督)で俳優デビュー。その後、『明日泣く』(11/内藤誠監督)、『逆転裁判』『愛と誠』(12/三池崇史監督)、『めめめのくらげ』(13/村上隆監督)、『欲動』(14/杉野希妃監督)、『虎影』(15/西村喜廣監督)など数多くの作品に出演。12年には「齊藤工」名義で短篇映画『サクライロ』で監督デビュー。大橋トリオの楽曲「HONEY」をモチーフにした『半分ノ世界』は2015年国際エミー賞デジタル部門「デジタル・プログラム:フィクション」にノミネートされたほか、セルビア日本交換映画祭アイデンティティ賞を受賞した。 今年6月に『高台家の人々』(土方政人監督)、また秋に『種まく旅人~夢のつぎ木~』(佐々部清監督)も公開予定。
遠藤新菜/高宮エマ
1994年生まれ、東京都出身。『海にしずめる』(13/田崎恵美監督)で映画初出演にして主演デビューを果たす。映画出演作に、『Starting Over』(14/西原孝至監督)、『白魔女学園 オワリトハジマリ』(15/坂本浩一監督)、『やるっきゃ騎士』(15/平林克理監督)などがある。2014年、第45回「non-no」モデル・オーディションにて準グランプリを受賞、モデルとしても活躍中。ワークショップを経て本作のエマ役を射止めた。
松本若菜/堂本勢律子
1984年生まれ、鳥取県出身。テレビ「仮面ライダー電王」(07/EX)でデビュー。2009年『腐女子彼女。』(兼重淳監督)で映画初主演。そのほかの出演作に、『ペコロスの母に会いに行く』(13/森﨑東監督)、『はなればなれに』(14/下手大輔監督)、『駆込み女と駆出し男』(15/原田眞人監督)、『GONIN サーガ』(15/石井隆監督)、『××× KISS KISS KISS<儀式>』(15/矢崎仁司監督)、『ホテルコパン』(16/門馬直人監督)など。そして『けんじ君の春』(森田亜紀監督)が公開予定。
酒井波湖/レイコ
1990年生まれ。長野県出身。100m 自己ベスト12秒77の記録を持つ、自称“走れる女優”。2012年「桜トイレ」で舞台デビュー。2014年に酒井波湖(サカイ・ハコ)へと改名。モデル活動に加え、舞台を中心に活動の幅を広げる。ワークショップとオーディションを経て、本作のレイコ役を射止めた。本作が、映画初出演の作品となる。待機作に、2016年公開の『夏引きの頃』(岡本直樹監督/古崎瞳主演)がある。
仁村紗和/ジュリー
1994年生まれ。大阪府出身。鶴の恩返しのヒロイン役で深津絵里と共演した住友生命「あの人の生活保険」篇やNTT docomo PREMIUM 4G「Get Speed」篇などのCM 、Base Ball Bear「それって、for 誰?」のMVで話題を集めた他、ファッション誌では「NYLON」や「装苑」「リンネル」などでモデルを務め、テレビ「タビノイロ。~旅美人への手紙~」(CX)や「世界ふしぎ発見」(TBS)、「スカッとジャパン」(CX)などのバラエティにも出演するなど多岐にわたって活躍。女優としては、テレビドラマ「臨床犯罪学者 樋村英生の推理(第7話~)」(NTV/16) などにも出演。本作が映画初出演となる。
斉藤とも子/野間秋子
1961年生まれ、兵庫県出身。1976年、ドラマ「明日への追跡」(NHK)でデビュー以降、「青春ド真中!」「ゆうひが丘の総理大臣」(78/NTV)などの学園ドラマに出演し人気を博す。78~81年の「若い広場<マイブック>」(NHK教育)では著名な作家たちの話の聞き手として登場し話題に。映画出演作に、『悪魔が来りて笛を吹く』(79/斎藤光正監督)、『ひめゆりの塔』(82/今井正監督)、『永遠の0』(13/山崎貴監督)、『野のなななか』(14/大林宣彦監督)、『海難1890』(15/田中光敏監督)などがある。
藤田朋子/千葉愛子
1965年生まれ、東京都出身。1987年、舞台「レ・ミゼラブル」でデビュー。88年の連続ドラマ小説「ノンちゃんの夢」のヒロイン・暢子役でドラマデビューを飾り、「愛しあってるかい!」(89/CX)、「渡る世間は鬼ばかり」(90-11/TBS)などの話題作に次々と出演。映画では『スキ!』(90/渡邊孝好監督)、『ザ・中学教師』(92/平山秀幸監督)、『流れ板七人』(97/和泉聖治監督)、『築城せよ!』(09/古波津陽監督)、『向日葵の丘 1983年・夏』(15/太田隆文監督)、『ポプラの秋』(15/大森研一監督)などに出演。
光石研/野間幸一
1961年生まれ。福岡県出身。 『博多っ子純情』(78/曽根中生監督)の主役に抜擢され俳優デビュー。映画出演作は、『Helpless』(96/青山真治監督)、『あぜ道のダンディ』(11/石井裕也監督)、『ヒミズ』(12/園子温監督)、『アウトレイジビヨンド』(12/北野武監督)、『共喰い』(13/青山真治監督)、『恋人たち』(15/橋口亮輔監督)など数多く、『シン・レッド・ライン』(99/テレンス・マリック監督)など海外作品でも活躍。 2016年、『夏美のホタル』(廣木隆一監督)、『森山中教習所』(豊島圭介監督)、『海賊と呼ばれた男』(山崎貴監督)が公開予定。
ページトップへ

(C)2015「無伴奏」製作委員会